【USM S10使用構築】ラプラスにのって  (最高最終2018)

こんにちは!しろと申します。

今回はS10で使用した構築を紹介していこうと思います。

 

【構築の経緯】

以前使用していたパーティがオニゴーリ入りの構築に8割位の確率で負けてしまった為、次はオニゴーリに強いパーティを作りたいと思いラプラスに辿りつきました。私はラプラスはチョッキを持たせるイメージが強かったのですがSM以降水Zラプラスが増えていると聞き、これを使ってみたいと考えパーティを組むことにしました。しかし、色々自分なりに考えてもレートが思うようにあがらず苦戦しました。ネットで過去にラプラス入りの構築で高レートに達した記事を検索した際にシアンさんの記事

ameblo.jp

を見て非常に分かりやすかったのでこれを参考にパーティを組んだところ無事2000に達する事が出来ました。その為内容が重複している箇所があると思いますが予めご了承ください。(なお、パーティにラプラスを入れておけばオニゴーリは選出されないだろうと思っていたら普通に選出されていました。

 

 

【パーティ紹介】

ãã©ãã©ã¹ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ラプラス@水Z

性格 控え目

特性 貯水

努力値 H140 B88 C252 S28

技 ハイドロポンプ 絶対零度 フリーズドライ 氷の礫

 

水Zの火力を最大まであげたい為Cにはぶっぱ、Sは4振り60族抜き(82)を抜き調整をしているポケモン(83)を更に抜いたものにし(84)余りは耐久に振りました。カビゴンやラッキー、アローラベトべトンといった低速高耐久のポケモンを零度で吹き飛ばすのは非常に気持ちよかったです。

水Zの火力は無振りリザXやメガゲンガーをワンパン出来たり、氷技読みで出てくるルカリオメタグロス(メガ前は中乱数1発)を倒すことが出来ます。

またフリーズドライを搭載してるためギャラやラグラージにも強く出ることが出来た為、今の環境だとラプラスが強く出れるポケモンはわりと多い気がしました。

最後の礫の枠はオニゴーリ対策に滅びに変更してもいいかもしれません。(オニゴーリは後述のコケコの挑発を絡めて処理してました。)

 

ãã¡ã¬ãã¼ãã³ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ボーマンダ@メガ石

性格 臆病

特性 威嚇→スカイスキン

努力値 H4 CS252

技 ハイパーボイス 大文字 流星群 身代わり

 

バシャーモのストッパーであったり、炎技がうてるポケモンが欲しかった為特殊マンダを採用しました。今のマンダは最速でない物理マンダが多いので特殊マンダは考慮されない印象を受けました。

最後の身代わりの枠は羽休めなどと迷いましたが、初手に出されやすいジャローダの上から身代わりを貼ることで蛇にらみを透かしハイボで倒したり、カバルドンのあくびを透かしハイボ2発で突破したりなど役に立つ機会は多かったので身代わりを採用しました。

 

f:id:srpoke6:20180711125722p:plain

ランドロスこだわりスカーフ

性格 陽気

特性 威嚇

努力値 H4 AS252

技 地震 岩雪崩 蜻蛉返り 大爆発

 

電気地面技無効、特性威嚇、高い攻撃力、このポケモンは本当に強かったです。

とりあえず選出に迷ったらランドを先発にだして有利対面だろうが不利対面だろうが蜻蛉返りを選択すればなんとかなりました。意地っ張りではなく陽気ランドロスにスカーフを持たせることでZ後のポリZやジャラランガ、1舞後の準速ウルガモスや準速リザードンの上から行動出来る為採用しました。

最後の大爆発は他の技では確一のとれないボルトロスフェローチェなどを一発で倒すことができ強いですが、テッカグヤを後投げされたり、ゴーストタイプを後投げされたらランドが虚しく散っていくだけなのでむやみやたらに使うのは避けたほうがいいと思いました。

f:id:srpoke6:20180711131953p:plain

 

カプ・コケコ@電気Z

性格 臆病

特性 エレキメイカ

努力値 B4 CS252

技 10万ボルト ボルトチェンジ めざ氷 挑発

主にテッカグヤをけん制する意味で採用しました。ポリクチのようなパーティは基本的に初手ポリ2から入りトリルを貼られる多かったので、コケコ挑発→ポリ2トリル失敗→コケコ10万→ポリ2トラアタ→コケコ電気Zでポリ2を倒せたり、一緒によく採用されているキノガッサの胞子を特性で無効化出来る為、ポリクチ相手にはコケコをうまく使ってほぼ勝つことが出来ました。

また挑発があるおかげでマンダやガモスに舞われるのを防いだり、オニゴーリの身代わり守るの動きを封じることが出来たので良かったです。(素早さ上げられて上から零度当てられることまでは考慮しません

追記 努力値の余り4をDに振ればC1段階上昇の特化ポリ2のトラアタを確定耐えするのでそっちのほうがいいかもしれません。

 

ãããªã´ã³2ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ポリゴン2@しんかのきせき

性格 図太い

特性 トレース

努力値 H244 B252 S12

技 イカサマ 冷凍ビーム 放電 自己再生

 

素早さは4振り60族を抜けるように振ってます。ギャラやグロスのような物理アタッカーがいるパーティには積極的に選出し、イカサマをうったりワンチャンつかめる放電をうってました。どうでもいいですが放電の麻痺率や熱湯のやけど率は3割じゃない気がしますよね。

 

f:id:srpoke6:20180711140119p:plain

ギルガルド@食べ残し

性格 穏やか

特性 バトルスイッチ

努力値 H204 B4 C68 D220 S12

技 シャドーボール どくどく 身代わり キングシールド

 

このままではカプ・テテフにサイキネうたれてるだけでパーティが崩壊しそう且つ、フェローチェにボコボコにされるのでストッパーとなり得るギルガルドを採用しました。技構成に関しては一般的な残飯ガルドと同じだと思います。努力値は昔作った個体なので忘れましたが、HPは161になるように調整、CはH4振りミミッキュを確定一発、Sは4振り60族抜きで余りDだったと思います。

 

【今期の感想】

f:id:srpoke6:20180711144309p:plain

 

f:id:srpoke6:20180711144350p:plain

 

今期はデフレシーズンと言われている中でレート2000を達成し、最終120位という私の中では良い順位でシーズンを終えることが出来たので非常に嬉しく思います。次高レートを目指す際は最終100位を目標に頑張っていきたいと思います。

QRレンタルパーティも作ったのでよかったら使ってみてください!

3ds.pokemon-gl.com

 最後まで読んでいただきありがとうございました!何か質問などあれば@srpoke6にお願いします。

【USM S9使用構築】 ブルル軸リザグロス (最高最終2006)

はじめまして!しろ(@srpoke6)と申します。

今回私は自身初のレート2000を達成したため記念に構築記事を書こうと思います。構築記事どころかブログ自体投稿することが初めての為、拙い文章だと思いますが最後まで読んでいただければ幸いです。

 

 

 

【個体紹介】

リザードン@リザードナイトY

特性:猛火→日照り

性格:臆病

実数値:メガ後 153(0)-×-98(0)-211(252)-136(4)-167(252)

技構成:大文字 エアスラッシュ  ソーラービーム  きあいだま

レート2000に乗る直前まではリザxを使用していましたが、レヒレハッサムバンギラスのような並びを崩すことができず負けたことが多々あった為リザyを採用するに至りました。このパーティを組んだ当時、後述のメタグロスと2メガ採用をすれば相手はリザyを警戒するだろうと考えて敢えてリザxを使用していましたが思った以上にリザxだとバレていたのは想定外でした。技は文字ソラビは確定で後投げされやすいバンギやドランにうつきあいだまリザードンミラーに強く且つ3割で上から怯みの狙えるエアスラを採用しています。

 

 

メタグロス@メタグロスナイト

特性:クリアボディ→硬い爪

性格:意地っ張り

実数値:メガ後 171(124)-204(208)-172(12)-×-133(20)-149(148)

技構成:アイアンヘッド バレットパンチ じだんだ どくどく

努力値振りは

yakkun.com

 を参考にさせていただきました。グラスフィールド下でも半減されないじだんだ、パーティ全体で重いポリ2やカビゴンなどの耐久ポケモンに対する回答としてどくどくを採用しています。一般的なメタグロスに比べ技範囲が狭いメタグロスですが、多くのメタグロスに採用されている冷凍パンチや雷パンチを採用していなくても困る場面はそう多くはありませんでした。

 

アーゴヨン@ドラゴンZ

特性:ビーストブースト

性格:臆病

実数値:148(0)-x-93(0)-179(252)-94(4)-190(252)

技構成:流星群 ヘドロウェーブ 大文字 悪だくみ

一般的なCSアーゴヨンです。崩し性能と抜き性能を持つ為活躍できる試合は多かったです。リザxを採用しない場合受けループはアーゴヨンで崩すことになりますが、最近瞑想ラッキーや光の壁ラッキーなどが増加していた為Hの実数値を151になるまで努力値を振り地球投げを3発受けられるように調整してもいいかもしれません。裏にスカーフランドロスのような上からアーゴヨンを倒せるポケモンがいる場合、相手が前のポケモンがビーストブーストの餌(素早さ上昇)になるのを嫌い無理やりスカーフランドロスを後投げされるようなケースも多かったので、フェアリー対面でも勇気をふり絞ってドラゴンZを選択する場面もありました。

 

f:id:srpoke6:20180516001713p:plain

カプ・ブルル@きあいの襷

特性:グラスメイカ

性格:意地っ張り

実数値:160(124)-200(252)-135(0)-x-115(0)-112(132)

技構成:ウッドハンマー ウッドホーン がんせきふうじ 思念の頭突き

パーティに地面弱点が三体(今は二体ですが)いたためグラスフィールドの張れるブルルを採用しました。

襷を持たせることによって本来では対面不利なリザyやウルガモスの攻撃を一発耐えた後に返しの岩封で倒したり、メガバシャーモをフレドラの反動+思念で倒すことが出来ました。ブルルにこれらのポケモンは後投げされることが多かったので交換読みを決められた時は気持ちよかったです。襷ならASぶっぱでもいいのでは?とも思われると思いますが、準速ASでもSの実数値が127で岩封のs-1で最速121族までしか抜かせないため、最速100族を岩封で抜かせるラインまでにし余りを耐久に振りました。

 

ãããªã´ã³2ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

ポリゴン2@しんかのきせき

特性:トレース

性格:図太い

実数値:191(244)-x-156(252)-125(0)-115(0)-82(12)

技構成:イカサマ 冷凍ビーム 放電 自己再生

HBベースに努力値を振り4振り60族を抜けるようにsに12振っています。主にメタグロスボーマンダといった物理ポケモンの引き先になりイカサマや放電をうって麻痺させたり、耐久値が高いのでグロスで毒を入れた際の引き先になって毒のターンを稼いだりしていました。しかし火力がないため身代わりを置かれたり蝶舞の起点になりやすいポケモンでもあった為使いどころの考える必要のあるポケモンだと感じました。

 

f:id:srpoke6:20180516004814p:plain

ゲッコウガこだわりスカーフ

特性:変幻自在

性格:うっかりや

実数値:147(0)-115(0)-88(4)-170(252)-81(0)-174(252)

技構成:なみのり 冷凍ビーム 神通力 ダストシュート

初手に出されやすいスカーフランドロスやカプコケコ、メガゲンガーメガミミロップに対して強いポケモンを探した結果スカーフゲッコウガの採用に至りました。メガゲンガーはCSの場合は高乱数1発で落ちますが、HSベースの場合は耐えられてしまうので注意が必要です。初めは波乗りの枠をめざ炎で採用していましたが、ヒードランが重かったため波乗りに変更しました。こだわりアイテムの性質上同じ技しか選択できないため比較的通りのよい水技の採用はありなのかもと使用していて感じました。

 

【最後に】

今シーズンは初の2000だった為2006で終えてしまいましたが来シーズン以降2050、2100を目指して頑張っていこうと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました!何か質問などあれば@srpoke6にお願いします。

 

f:id:srpoke6:20180516010656p:plain

追記

QR公開しました。

https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-9BE2-4582